ウォーキングでデッド

運動不足で太ったし体硬いし腰も痛くなってきたから、ウォーキングしよう!ってやると痛めまっせ。

 

ウォーキングそのものは良いと思うんです。

ただし、体を柔らかく使えている前提で。

 

でも柔らかく使えてないから痛めているワケであって、そんな硬い状態で一般的なウォーキングしても悪影響。

「一般的」なウォーキング。

腰と背筋をピンと伸ばして腕を振って歩幅を大きく。

軍隊ですか。

 

腰痛めている方って多くは骨盤と腰の間の部分が反りすぎているんです。

「多くは」ね。

その状態で背筋伸ばしたウォーキングすると腰をさらに反らせて歩くわけですよね。

反っている腰をさらに反らせてなおかつ歩幅を広げることによって踵から地面に接地します。

その時、膝伸びてますよね。クッション効いてません。

その反発の力はどこにかかりますでしょうか。

 

腰にかかっていくんです。

離地時はつま先で地面を蹴りますからその力がまた腰に向かうわけですね。

 

で余計な反りを作ってしまい、より痛めると。

なんか運動学というか物理学ですね。

 

 

だから「ウォーキングして腰痛くなりました」と。

痛めるウォーキングならやらない方がいいんです。

まずは体の使い方から。

 

 

「ウォーキング」の意識だからそうなるんですよね。

「散歩」の意識でやった方がいいんです。その方がムダに姿勢作らないから。

 

 

別に、ウォーキングしてて体がどこも痛くなくて快適という方はそのままでOK。

 

でも日頃なんか痛い、歩き方立ち方動き方がよくわからん、自分でちゃんと出来てるか気になる方、楽な動き方知りたい方は

ネットなどの色々な情報に惑わされずに

 

 

 

きてね(^_^)。

0 コメント

状態を崩さない

年齢関係なく、免疫力は上げられると思うんですよ。

ストレスをコントロールする事とか、朝日を浴びて体内リズムを整えたり、良い睡眠を取ったり。

「結局そこかい!」って感じですけど、

結局そこじゃない?

 

人間本来のより良い状態って、そこなんですよね。

その状態って体の歪みもできないと思うんです。

 

体のバランスが崩れれば心も崩し、心が病めば姿勢も崩れる。

で、免疫力も落ちる。

 

 

別に3食あれこれ食べろとか8時間寝ろとかっていうんじゃなくて、快適な食事、快適な睡眠、快適な呼吸。

それでええ。

体のムダな力抜いたり姿勢も整えないと呼吸とかも上手くいかなかったりしますがね。

安易にサプリ飲んだりする前に自分で出来る事がたくさんありますからね。

 

 

そういえば僕はタバコをやめたら、定期的に起きていた謎の頭痛が随分起こらなくなっています。

やっぱりタバコだったか…

 

状態が良くなれば色々よくなる。

 

施術の後に「なんか目が良く見える」とか「息しやすい」とか「ふわふわする」だとか言われることありますけど、施術後ってムダな力が抜けて体のバランスが整っているので、外見だけでなく中の不都合も良くなっていたりするんですね。

 

それが人によって気づく場所かどうかは分からない。

例えば胃腸の働きが改善されたところで、その場で本人が気づくはずがないし。

 

予想外な場所が良くなっている事がある。

「そんなとこ施術してねえですけど」としばしば思います。

 

 

んで、僕もあんまり自分の状態を崩さないようには気を付けていますが

こないだ朝自転車に乗って通勤中に、急に頭の後ろを「わしゃっ」とされたんです。

振り返るとカラス。

これ、腹立ちますよ。

 

「気持ちわるっ!!」と思って自転車を漕ぎながら、地面に写った自分の影を見ていたんです。

そしたらまた僕の影に近づくカラスの影。

「来た!」と思ってタイミングを見計らって屈んだら第2波をかわせました。

「ば~~か!」と思いましたよ、心の中で。

 

翌日の朝も警戒して通勤していたら前日とは違う場所で電線に止まっている1羽のカラスが。

つらっと通り過ぎて、「サッ!」と後ろを向いたら低空でこっちへ飛んできてました。

でも目が合ったからまた電線へ。

で歩きだして、また急に振り返ったらこっちへめがけて飛んできてる最中。

でも目が合ったから電線へ。

 

その後ね、電柱の上から見下ろして「ギャーギャー」鳴いてるんですよ。

それに反応して近くの木にいたカラスも鳴き出すんですよ。

「近くに寄るな!」ってか?

こっちのセリフじゃい。

 

 

「カラスは頭が良い」とよく聞きますが、それは何基準で?

鳥類って大体あんなもんでは?

 

本当に頭良いのならそんな人通りあるリスキーな場所に巣作りませんやん。

わざわざ人通りあるとこに巣を作って無差別に人を襲うって、頭悪いですやん。

山行け、山。

 

「あ~、状態崩されたなぁ」と思った次第でした。未熟。

 

 

P.S. 「か~らぁす~、なぜなくの~、からすの勝手でしょ~」って志村けんの替え歌だという事実を知ったのはつい最近でした。

0 コメント

脱力の権を他人に握らせるな

1,2ヶ月に1度くらいのペースでいらっしゃる患者さんがいまして。

ここ半年くらい来てないなあと思っていたところ先日お電話がありまして、なんか肩が上がらなくなったところ、昔行ってた整骨院からハガキが来ていたからそこに通っていたとのこと。

 

「でも良くならないからそちらに行っていいですか?向こうで保険使っちゃってるけど…」と。

「〇〇さんはウチで保険使ってないから大丈夫ですよ」と。

 

んでいらして施術している時に「先生私今、力入ってますか?」って聞くんです。

「いや、まったく入ってないですよ」

「こないだ通ってた整骨院で施術されてる時いっつも「もっと力抜いて!」って言われるんです」

どうやら施術中にちゃんと力抜けないからなかなか治らないと言われて、治らないのはきっと自分のせいだと思い込んでいたんです。

 

 

「いやいや、〇〇さんは全く悪くないですよ。本当は〇〇さんの力を抜かせられない施術者側の問題です」

「そうなの?いつも自分では抜いてるつもりだけど抜こう抜こうと思ってたら、どうやったら力抜けるのかだんだん分からなくなってきて…」

「大丈夫です、今は完全に抜けてますから」

 

そんなこんなで施術後には「あぁ、ほら全然違う。ほら痛くないですよ」って体動かしてたので良かったのですが…

 

 

その後「別のとこ行ったばかりに、すいません、すいません」としきりに謝っていたのがなんとも…

 

 

前にも書いたことありますけど、首や肩をグイグイ回したりする施術は悪いと思いませんが、それは力が抜けているのが前提だと思うんです。

強い施術、バキバキ施術でも全てちゃんと力が抜けている前提。

じゃないと上手くいかんと思うのです。

 

特にその辺、施術者の腕が問われるとこ。

患者さんのせいにしてはいかん。

 

 

でも

患者さんのせいではないと言いつつも

せっかく呼吸とか体操とか教えても

やってくれなきゃ意味がねえんですね。

「こんなんで良くなるの?」って思う人もいるでしょうが

 

良いことを継続してやってないからそういう体になってんでしょと。

 

やってれば時間かけてだんだん良くなりまっせ。

良い事は継続すれば良くなる。

悪い事も継続すれば悪くなる。

 

 

 

そう、だから私は4月でタバコをやめました。

喫煙者の締め付けやらコロナやらで、吸うことにメリットを感じられんので。

 

吸いたいときに吸えないこんな世の中じゃ…

 

 

タバコのデメリットだけを自己暗示で入れているわけで。

だから簡単にやめられたわけで。

 

 

おすすめです、デメリット暗示禁煙。

タバコは不味い

体に害

高い

コロナに不利

コンビニ買いに行くのめんどい

吸える場所ない

人に迷惑かける

喫煙所で吸っても迷惑かける

灰がやだ

汚い

クサイ

歯黄色くなる

シワ、シミ増える

え?そもそもタバコなんて吸ってたっけ?…etc

 

どうでしょう、まだまだ出てきますがこれらをインプットしていくと、もう買うのがあほらし。

 

ほら、令和は非喫煙の時代です。

さよなら、昭和の常識。

 

 

 

P.S コロナの感染予防は

「集」まらない

「近」づかない

「閉」めきらない

 

集近閉(しゅう・きん・ぺい)で覚えると良いそうですよ。

1 コメント

バーダー・マインホフ現象ってやつ

月寒はーと整骨院が掲載されているポータルサイト?的なやつがあるんですけど、1日の閲覧数を見ることができまして。

やけに閲覧数多いなって時があるんです。

そういう時って大体その後営業電話が非常に多い。

 

特に「〇〇〇代理店」。ネット回線のやつ。

最近の変化球で「〇〇〇お客様センターですが…」って。

(あれ?本社からなのかな?)って思わせといてただの営業。

「すいません、お断りしています」って切ろうとすると、「あ、代理店ではなくお客様センターでしてぇ…」ってなお構わず喋ろうとするからかぶせて「いやいや、いらないです」と。

内心「うっせっ!」とは思ってます。

「お客様センター」と名乗って、いかに本社感を醸し出すか。

次はどんな手法で来るのだろう…

 

 

んで本題ですが、今まで知らなかった物事や新しい事を知ったら、急に自分の身の回りにそれが増え始めたことありません?

妻が妊娠したらやたらと妊婦さんが目に付くようになったり、新しい単語を覚えたらその日からやたらと回りの人が使っている気がしたり。

 

『バーダー・マインホフ現象』(頻度錯覚)というそうです。

 

 

人の日常にはとんでもない量の情報・思考・感情などが待ち構えていて、それらをすべて脳で処理しようとするのは不可能なのでその中でも特に大事なことに注意しようとしているらしいです(選択的注視)。

たとえば通勤途中で道に落ちてる石の位置や数なんかよりも1万円拾った事の方が大事ですよね。

 

 

何か新しい事を学習したりすると、この「選択的注視」が変化し、それまで無視していたことに注意を向けやすくなるそう。

なんてことない、元々そこにあったものに注意を向けるようになっただけ。

新しい情報を見つけたら、脳が引き続きそれを探し求め、そのため急に増えたと錯覚してしまうのだと。

 

ビジネスマーケティングでもこの手法が取られているそうで、最初のつかみとして印象的なイメージ、タイトルを使ってターゲットの気を引いて、あの手この手でメッセージを送り続ける。

 

 

そう、かの有名な「けんちゃんラーメン新発売!」もそれでしょう。

何年間も「新発売!」のCM。

当時誰もが知ってるけんちゃんラーメンですが、回りで食べたという声をあまり聞いたことなかった。

 

 

 

しかしまあ、何十年も前のコントなのに、今現代の大人や子供が観ても笑えるドリフってすごいですね。

ウチの子達もドリフのコント観てケタケタ笑ってましたからね。

ドリフの笑いは永遠…

0 コメント

利他的行為ってやつ

「情けは人の為ならず」。

人に親切にすると、その人だけでなく自分にも良い報いとして返ってきますよということわざ。

 

 

見返りを求めずに他人に善行をする、利他的行為は健康に良いということが2017年の研究で科学的に正しいと証明されたらしいです。

 

誰かの為に行動すると、ドーパミンやらの分泌を促しストレスが軽減され、不安、うつが改善したと。

それだけのみならず、自発的な利他的行為は肉体的の痛みもすぐに軽減することが証明されたと。

 

 

震災後、自発的に献血した人達は、そうでない人達より注射針の痛みが少なかったとか、

慢性的な痛みに苦しむがん患者に、他人の為に料理や掃除を行ってもらうのと、自分の為に行ってもらうのとでは、他人の為に行った患者の方が痛みの度合いがかなり和らいだとか。

 

もう少し身近な例だと、電車に乗っててお年寄りに席を譲ってありがとうと言われたときの高揚感もそれ。

ペーターがクララをおんぶしてめっちゃ長い時間歩けたのもそれ。

 

 

じゃあ利他的行為のために生きていけば良いのか。

「ヘルパーズ・ハイ」というものもあるらしく、利他的行為によってドーパミンが放出され気持ちが高揚する。

ドーパミンって、やる気スイッチとか言われますけど脳内麻薬とも言われます。

快楽という報酬を得るために辛いことでも耐えられる的な。

筋トレしまくって自分を追い込んでドーパミン出して達成感という快楽。

 

 

だからヘルパーズハイの時は良いけども、利他的行為がなくなった時に反動が来るのかなと。

役割喪失感、燃え尽き症候群。

うまく出来てます。コレだけやればOK!なんてものはない。

 

 

利他的行為に重きを置きすぎないように、たまには自分のリラックスタイムにも時間を使いましょうって感じで。

なんでもバランスが大事。

 

0 コメント

腰を落とす意味

スポーツや運動、労働などほぼ全てに共通して言われることは「腰を落として!」。

結果的に腰が落ちる格好になるんですが、大事なのは腰を落とす為の課程かと思うんです。

「腰を落とす」目的でやると骨盤が前傾したり力が入ってへっぴり腰になります。

 

腰を落とすという事は、腰の後ろの筋肉の力を抜いてやる。

そうすると骨盤を後ろで持ち上げている筋肉がゆるんでお腹の力も抜けて、骨盤がフッと後傾になります。

後傾になると膝の関節がゆるむ。

そして背部の筋肉がゆるんで体全体の無駄な力が入りづらくなる。

で、結果的に自然と腰が落ちている格好になる。

前回言った「丹田」「腰」の良い位置になります。

 

 

学生さんはスポーツ、部活動などで上手な先輩を見てみると大体変な力が入ってないですから。

「あの先輩、力抜けてるなぁ、簡単そうにやるよなぁ」って。

 

威張り散らしてるウザい先輩って、上手く見えるけど硬いでしょ?

筋力に頼り過ぎたパワープレイの人多いでしょ?

 

 

失敗する時も大概、力入ってる。

だからサッカーの試合でキーパーと1対1になった時にループシュートかまそうとして蹴ったら大幅にゴールバー超えた。

僕ですね。 

 

何でも最初は力入ってもしょうがない。

練習して繰り返すことで力の抜き方が分かってくる。

良く出来た時って無駄な力が入っていない。

そんな時は施術でも思わぬ副産物が。

 

最近の患者さん。前施術した後

「私、毎日体温測るんだけどこないだ来た次の日から朝36.2℃あるのさ!」

「んん…36.2℃…?」

「私何十年と平熱35.5℃なのさ!36.2℃なんて風邪引いて熱出た時なのよ。でも体調悪くないしおかしいなと思ってたのよ、昼に測ったら平熱に戻ってたけどね」

 

 

都合の良い解釈しますが、自然治癒力って眠っている間に特に発揮されるんですよ。

 

施術をして体がリラックス状態になります。細胞レベルで良くなっています。

眠っている間に、自然治癒力が今までより高まります。

体を良くするために、自身で熱を産生しようと働いて熱を上げたと。

まあ昼頃にいつもの低体温に戻ったのは、今はまだそこまでという事で。

でも着実に体が良い方に進みますという事で。

 

 

はい、だいぶ話が逸れましたが「腰を落とす」という事は、ただ落とすのではなくて無駄な力を抜いて結果的に「腰が落ちる」という事ですね。

そうすることで色々体にとって都合が良い。

 

取り戻そう、日本人の姿勢!

0 コメント

「体育座り」の本意

「体育座り」って知ってますよね。

不思議じゃないですか?「体育座り」って。

最近ふと、あの座り方に体育感が全然感じられない思いがあったのでヤホーでちょっと調べてみました。

 

 

そもそも日本にはそういった座り方の文化がなく、昭和40年頃に「集団行動指導の手引き」として学校教育に入れられたそうです。

日本にはなかったのに、どこから入ってきたのか?

 

それが戦後のGHQ。

まさかのマッカーサー。

アメリカ軍は、小さい体なのにとても強いポテンシャルを持っている日本人を恐れました。

そこで、心を折って二度と逆らえないようにしてやろうと思ったのです。

ワンピース、ワノ国編ですね。

 

では日本人の強さの秘訣は何か。

「丹田」「腹(横隔膜周囲かな?)」

 

 

じゃあなぜそこで体育座りが出てくるのか。

 

体育座りの起源が、紀元前何世紀だか前の古代エジプトだそうです。

その時の壁画に、エジプト王が奴隷達を座らせて人数を数えている絵があり、その奴隷達の座っている姿勢が「体育座り」。

自分の手で自分自身を縛る「自縄自縛」。まさに「手も足も出せない」状態。

こわっ

 

 

その効能は、内臓が下垂し、呼吸が浅くなり、脊柱全体が変形しやすく、側弯症につながりやすい。

行動、思考がうつむき、なすがまま、言われるがまま。

「丹田」「腹」を崩します。正中線も崩れます。

で、支配されやすくなる。

 

 

 

でも、戦後何十年と経過しているのにもかかわらず体育座りを教育から外そうとしない。

今度は逆にそれが日本の教育にとって好都合だからか何なのか……闇を感じる。

 

 

なので、昔の日本人の良い状態を今からでも取り戻したいですよね。

とにかく、「呼吸の入りやすい楽な姿勢」を継続すると良いんじゃないかなと思うんです。

それを頭に入れて生活すると、家でも床に座る時に体育座りは選ばないんです。

僕も床座りは正座が基本になり、シビれそうだったらあぐら。回復したら正座。

 

そんな感じで座るようになっています。楽だし。

 

 

日本人は昔から坐禅が良いとされています。

日本人的にはそれが「丹田」「腹」を取り戻す姿勢なのかな。

 

最近、西洋の会社などでも坐禅を取り入れているようですが、西洋の方々、日本人と同じような坐禅を組んだら逆に体を崩してしまう恐れがあるので、骨格に合った坐禅を実践して欲しいものです。

 

 

ちょうど3月という事なので、、

♪この支配からの卒業♪

0 コメント

健康も美もほどほどに

こないだテレビで「腸から美しく」している30代のモデルさんに密着していました。

美を保つには腸からだそうです。

ぱっと見、というと失礼ですけど確かにキレイでしたよ、スタイル良いし。

モデルさんだからストイックなんですよ、年齢もそれなりだし。

 

ただ、ストイック過ぎやしねえかい?とも思ったわけで。

 

あまり健康に対してストイックになりすぎると「アレしたらダメ、コレしなきゃダメ」。

そんなふうに縛りをかけていきますわね。

自分に縛りをかけすぎたら他人にも強要してしまう。

前回言った洗脳みたいですね。

 

だからそのテレビのスタッフの男性に、顔色の悪さを指摘して「あなたは腸が良くない、コレしないとダメ、アレしたらダメ、うんぬんかんぬん」。

ほらよく見て。相手はね、別に要求してないよ。

 

 

過剰に健康を追い求めて身動き取りづらくすると、体がそれをストレスと感じ、皮膚バリアの回復が遅れ、荒れやすく。さらにその老化にブレーキをかけようと無駄なエネルギーを使い、余計に皮膚が老けて見えてしまう。

(だから顔に注射してるのかなぁ?…)と。

まあ、職業的にそうしないといけないんでしょうが。

「美」と称して体鍛えまくってる人の皮膚もなんか、、、

 

あんまり言うと問題あるので、これは何となくの持論でした。

 

 

シンプルにキレイな人って、日頃から内面が安定して、老化に変なブレーキかけずにいるから特に何もしていなくてもキレイなんでしょうね。

 

 

キレイと言っても年齢に抵抗して若い格好しているとなんだか老けて見えるし、年齢相応の格好すると逆に若く見えたりする。

だから変に無理すると逆効果って事。

ほどほどに。

 

 

「伝染病には発酵食品が効く!」とか「痩せるにはこのサプリがいい!」で、そればっかり摂取してたら不健康に。本末転倒。

ほどほどに。

 

 

結局、美も健康もいくら外面を良くしても内面からの要因がかなり大きいってことで。

 

「健康」は、度が過ぎると「不健康」に。

ほどほどに。

0 コメント

洗脳は不快

ウチは基本、体をリラックスさせて良い情報を体に与えて自己治癒力を高めるというコンセプトでやっているんです。

マッサージやらノンタッチやら織りまぜながら。

自費の方では特に。

そんなんで最近は、10年来の肩の痛みが治まったという方もいました。

それはさておき

 

完全にゆるめた状態で良い情報を与えて良くなっていくわけですが…

 

 

これが逆だと、緊張感を維持させて思考を破壊して、都合の良い情報を無理やり意識にねじ込む。

洗脳。

密閉空間で大人数が共同に行う事でさらに効果倍増。

だから怪しげな自己啓発セミナーってそういう缶詰状態の中でやるんでしょうね。

 

 

…以前知り合いがとある自己啓発セミナーにハマっていて、だんだん喋り方とか言うことが気持ち悪くなっていったのを思い出しました。「皆を幸せにしたい」って。

毎月のように行って洗脳重ねがけされるもんだから段々と…ね。

 

洗脳から来るそういう人の言葉って、今思えば自らの言葉を乗せてないというか、中にいる他の人が喋ってるというか…

あれ?本体どこいったん?あんた誰?って。

ただただゾクッとするんです。

 

 

そうなると「この思想が正しい。自分は正しい事をしている。」思い込みが高まっていく。

他者にもこの思想を教えたい。

幸せにしてあげたい。

その為にあなたの気持ちは関係ない。

 

うん、やばい。

 

 

真面目すぎる治療家さんほどハマりやすいと聞いたことがあります。

あと単純に支配者になりたい人。

患者さんに教える立場で「先生先生」って言われて自分の言うとおりになって。

もっと力を付けたいと思って非科学的な方面に進んで洗脳系行って。

 

ほいで患者さん達の教祖的な存在になって支配出来るわけですね。

適当に手をかざしたら「ありがたや~、これで治ります~」と言われます。

別に本当に本人がそれで治ればいいですけど。

 

しかし崇めてくれる人には何をやっても効果あるけど、外部の人には全く効果が出せない。

たぶん支配出来ていることが前提だから作動しない。

だからまず洗脳から始めて~~の流れ。

 

 

気功系、ノンタッチヒーリングをやっている治療院など行ってみた時、ノンタッチ系とはどういうものなのかをしっかり聞いてみるのもいいですよね。

それで霊的なものとかスピリチュアルな事を言い出したら大体詐G…

 

 

奴さんら、精神的に弱っている隙をみつけて支配しますからね。

決して数珠や御札など買わされませんように…

 

 

まともなとこは絶対洗脳しませんから。

先生の目ギラついて威圧してこないですから。

 

 

 

というわけで、免疫上げてコロナをねじ伏せる体作りを!!

0 コメント

電気治療ばかりに

今まで大丈夫だったのに交通事故のムチウチの後から肩こりするようになったとか、転んで腱板損傷してから肩こり覚えたとかちょくちょく聞くんです。

 

多分、多分ですよ。

持論でしかないのですが、ムチウチとか腱板損傷が肩こりの元凶というわけではなくて、ただのきっかけ。

だからムチウチや腱板損傷の症状はとっくに治まってるけど、つらかったピークの時の状態から止まってて体が抜け出せていない。

いつまでも痛い状態を頭と体が覚えている。

その当時のまま力んでいるのでそれが肩こりとして残ってしまっている。

 

 

まあ、意見は様々でしょうけど、こんな感じなんじゃないかと思った次第です。

 

だって、ムチウチやったってその後何ともない人だってたくさんいるし。

そういう人達は体を力ませずに過ごせてちゃんと回復した人々。

そうなると合点がいくわけで。

年齢は関係ないわけで。

 

力ませる要因とかは人それぞれなので、そのように個人差が出るのではないかな。

 

 

いや

 

 

知らんけど。

 

前そんなこと書いたっけな。

まあいいや。

 

  

だからね、最近いらした患者さんで右の肩が痛くて他の整骨院行って1年間EMSでインナーマッスルを鍛えてってやっていた方だったのですが、全然良くならなかったと。

ほら、それだけ慢性化した痛い場所って簡単に言えば固い。力み。

で、筋肉鍛えたところでさらに力むじゃないですか。

本来ゆるめるべきところを逆のことやってたんでしょうね。

だからいつまで経っても良くならない。

 

良くなると思って回数券まで買って続けていた方にとってはガッカリです。

下手したら、通わなかった方が治ってたんじゃないかと疑ってしまいます。

 

何回も言いますけどインナーマッスルも確かに大事だけど、その前に大事なのが姿勢とか体の使い方とか。

まずそこから教えとかんと。

…って言ってもしょうがないけど。

 

いかに施術者が手をかけず楽をするか、電気治療に任せるかのこのご時世。

僕は逆行して手をかけてなんぼになっています。

 

いくらすごい治療器機が出たところで、施術者が自分を磨く事を怠らない方がいいんです。

腕にぶるし。

ヒト×ヒト治療に勝るものはないし。

 

 

知らんけど。

0 コメント